少女クロノクル。 GIRL'S CHRONO−CLE

[著者:ハセガワケイスケ/イラスト:ゆあ/電撃文庫]★★

 現在の宇宙飛行士の“あたし”とナビゲーション
ロボット“ハル”から見て、このエピソード群はど
んな位置付けなのか? その辺りの描写は正直な所
実に曖昧で、創作なのか、遡った過去の実話なのか、
どの時代のどの世界のどんな場所での出来事だった
のか。多くの事柄について、読み手側の想像に任せ
つつ決定権を委ねていると言う部分はありました。
 最後に収束を果たした結末を迎えてみても、やっ
ぱり「何となく」としか答えは浮かんで来ませんで
した。なので、ハッキリこうだと断言は出来ないん
ですけど……宇宙飛行士の“あたし”は物語として
描かれた少女達と同じ“人間”の括りであり、登場
したランドセルは“同一のモノ”と解釈しました。