拝啓、最果ての勇者様へ ~竜王の姫とめぐる旅~

[著者:三萩せんや/イラスト:三弥カズトモ/角川スニーカー文庫]★★

拝啓、最果ての勇者様へ ~竜王の姫とめぐる旅~ (角川スニーカー文庫)

拝啓、最果ての勇者様へ ~竜王の姫とめぐる旅~ (角川スニーカー文庫)

 初っ端からエグい場面に遭遇してしまって、それ
がまた身構えもしない内から不意打ちの如く飛び込
んで来たもんで、取り乱し方が半端なかったです。
 アルノスのポストマン業務を通じて最も明確に映
ったのは、人間と魔族の確執の火種は戦争が終結し
てなお相当根深く残っていると言う事。どんな風に
情勢が変化したのかまでは詳しく語られていません
でしたが、手を取り合って共存するような、エリヤ
が描く理想には残念ながら程遠い現実でしたね。
 アルノスとエリヤの関係性は、その理想が形にな
ったものなのかなと思ったりしました。ただ、アル
ノスはまだ魔族殲滅の密命と聖剣を完全に手放した
わけではなく、その辺りの影響が気になる所です。