無法の弁護人3 もう一人の悪魔

[著者:師走トオル/イラスト:toi8/ノベルゼロ]★★★

 証拠品のねつ造、バレたら違法、バレなきゃ合
法。前巻そういうの阿武隈が仕掛けなかったから
油断してましたが、やっぱり切羽詰まったここぞ
と言う流れでしっかりぶち込んで来ましたね。
 あくまで自分の正義を貫く為に法を侵す事を断
固拒否するか? それとも冤罪を負わされた依頼
人の無罪を掴み取る為に法を侵してまでどんな手
段でも使うべきか? 前者は本多、後者は阿武隈
の信念であったりやり方であったり。その自らの
中の意思、特に本多のそれが果たして阿武隈の影
響でどのように変わって行くのか。或いは変わら
ないままの部分も残って行くのか。その辺りは今
回の裁判の中で大きな見所だったと思います。

既刊感想: