SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが3

[著者:赤井まつり/イラスト:東西/オーバーラップ文庫]★★

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 3 (オーバーラップ文庫)

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが 3 (オーバーラップ文庫)

 “闇の暗殺者”と呼称される存在が、大っぴらに
有名になってていいのか? と言う疑問。まあ知っ
てる人には畏怖される存在のようではあるけれど、
名が知れた所で晶は全く周囲に影響されないし、目
立ったとしても害するような存在は居ないし、結局
は別に有名でも良いのかな? で落ち着きました。
 晶がどこに行こうとして、何をやろうとしている
のか見失いがちだったのは、久々に続き読んだから
なのかなあ。何となく、帰還方法を求めて勇者達と
魔王城を目指しているっぽいような。ただ、晶は基
本的に単独隠密行動を好む質なので、あまり噛み合
ってない印象だったかも。最後の“初めての経験”
が晶の心にどう影響を及ぼすかは気になる所です。

既刊感想: