SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

十三歳の誕生日、皇后になりました。

[著者:石田リンネ/イラスト:Izumi/ビーズログ文庫]★★

貴方、誰ですか?
 序盤で暁月の動向を眺めつつ。なんか十三歳の少女が初っ端から理解を超える状況に翻弄されていて。でも十三歳だから怒濤の展開に流されるまま、何にも抵抗できないよな、仕方ないよな……と無事を祈るように見守っていました。

莉杏の資質
 いくら十三歳で成人とは言え、序盤のこの状況で暁月と言い合って納得させるって、並大抵の胆力ではないなと。話が進む度に莉杏の聡明さに驚かされていましたが、最初から暁月と寄り添い歩んで行ける“強さ”の片鱗は見えていたのかな。

赤奏国の改革
 着手する以前に問題が次々溢れ出てしまう。暁月の支えになっていたのは、勿論莉杏が傍に居てくれる事。試す気持ちで『問題』を出していた筈が、気付けば莉杏の行動に驚かされてばかりな様子でしたね。

奔放でぶっきらぼう
 でも、見えない所で最大限の優しさと愛情を注ぐ。それを見せない。見せたくない。見せたがらない。な雰囲気。暁月の事です。莉杏が好意を全身で振り撒いている方が目に付きますが、目立たせないだけで、むしろ暁月の方がべた惚れなんじゃないかなあ?