SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

メイデーア転生物語2 この世界に怖いものなどない救世主

[著者:友麻碧/イラスト:雨壱絵穹/富士見L文庫]★★

伝承への懐疑心
 トネリコの勇者、異世界からの救世主が『正義』。災厄を起こした3人の魔術師が『悪』。と、伝えられて来たこの絶対の史実。その真実が揺らぐような、そこに疑問を抱く余地があるような、今回はそんな風に描かれているようにも思えました。

マキアの中に在るものは
 ただ、何となくの域は出ないので、まだ明確な指摘は出来ませんけどね。マキアの中に眠る『紅の魔女』の資質のようなもの、幾人かが口にしていた3人の魔術師の『帰還』が示す意味など、特に気になっているのはこの辺りでしょうかね。

友人と前世と
 そして最後にマキアとアイリの『前世』について。まあアイリの精神がこんなじゃ、面と向かって言わなきゃ収まりが付かなかったよね……。

既刊感想: