SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

量産型はダテじゃない!3

[著者:柳実冬貴/イラスト:銃爺/富士見ファンタジア文庫]★★

 シュナイダー自らが、己の不甲斐なさを攻め立てていた分の汚名はきっちり返上。そして『最強』の呼び名に相応しい電光石火のヘキサ救出劇で見事に面目躍如。いや〜、これまで本来の能力をずっと発揮出来なくて、散々燻っていたから気持ち良い事この上なし! 終盤ちょっとだけだったけど、グロリアス装備のナンブとシュナイダーとの共闘はすげー熱い展開で良かったねぇ(互いの事を認め合っての共闘ってのは初めてだったんじゃないか?)。

 結局拉致られたヘキサは、ドレス姿とかダンスシーンとか、中盤まで目立っていた見せ場も虚しく蚊帳の外だった訳だけど。彼女が何故狙われているのか? と言う要素が今後の展開の鍵となりそう。

既刊感想: