SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る

[著者:零真似/イラスト:純粋/ガガガ文庫]★★★

第14回小学館ライトノベル大賞『ガガガ賞』受賞作
 『ヒト』が住む『天獄』と、『死者』が住む『地国』。互いの間に斥力が働き、決して交わる事の無い二つの世界。そして、本来出逢う事の無かった二人。生きる世界が違う、身分も違う、それでも「好きだから」「護りたいから」と。ただその一心で、不器用な想いを必死で伝えようと二つの世界を駆け抜ける、ボーイ・ミーツ・ガールストーリー。

淡泊な中の奥深い世界
 世界観に魅了され、デッドとファイが互いに向け合う想いに強く心惹かれる。全体的な雰囲気は割と淡泊ですが、魅力的な世界観の分かり易さや、ほぼ二人だけの『想いの強さ』の表現などがぐいぐい物語の中へ引き込んでくれる。単純明快な『好き』の気持ちが満ち溢れている、素敵な物語でした。