SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

俺の姪は将来、どんな相手と結婚するんだろう?

[著者:落合祐輔/イラスト:けんたうろす/GA文庫]

 28歳の主人公叔父さんと、15歳の高校生姪っ子との、年の差半同居生活物語。結二にも絵里花にも、散々『結婚する関係にはなれない』と念を押されたので、万が一にも“間違い”は無い……と思いたい。

 でも、何となくそう意識が向かないよう、逆に言い聞かせるように、二人とも意識している様に見えたりするんですよね。例えば、終盤の結二の一瞬沸き上がった感情とか、ちょっとヤバくないですか?

 まあ、今の所は危機感抱く程ではないですが。個人的には、『禁断の恋』みたいな方向にはあんまり言って欲しくないな、と思ってます。あくまで、姪の成長を見守り叔父であり、父親代わりとして叔父を頼る姪、の関係であって欲しいです。

 そんな心配事はさておき。この物語の別の面として、結二の仕事の動画制作や、それに関連した映像制作など、『創作者達の物語』で描かれている部分もありました。

 中盤以降は、叔父と姪の同居より、映像制作活動の方が中心になっていました。そこから、結二が伏せたがっていた、絵里花の過去について語られて行きます。

 一応、絵里花の過去の傷跡は、大分払拭出来ていたように見えました。結二は「絵里花の意思を尊重する」と言っているので、女優としての再起の方向へ進んで行くのかも知れません。

 今後の展開として。絵里花と結二の創作活動の部分が中心になって行くのか、それとも同居生活の方が主になるのか。どのくらいの割合で盛り込まれ、どんな風に進んで行くのか、特に気になる所ですね。