魔女よ密なき天火に眠れ 夜想譚グリモアリスIII

[著者:海冬レイジ/イラスト:松竜富士見書房 富士見ミステリー文庫]★

 目障りなアコニットを抹殺しようとちょっかい掛けた
はいいが結局不発に終わり中途撤退、ってとこかな今回
の流れは。リヤナを利用し眩を動かしていた黒幕にとっ
ては、成功せずとも大した痛手も負わずで、残ったのは
アコニットが何者かに襲撃された事実のみ。現時点では
仕掛けた側の存在も意図もよく分からんからねぇ。
 今まで伏せられていた、冥府側の<麗王六花>の存在
がようやくハッキリした。これだけでも複雑な関係が色
々垣間見れたし、アコニットの事情も何となく把握出来
たので、結構話が進展したのではないかなぁと。
 あともうちょっと。アネモネ家没落の最も大きな要因、
確かアコニットの兄様が大罪犯したんだったか? この
辺の曖昧な部分が語られれば、未だに縺れて絡んでいる
糸も一挙に解けると思う。アコニットのトラウマとか、
今回誓護を半ば脅迫して事件を解決させ、彼女の影で存
在をちらつかせている者の正体とか。次から新展開らし
いので、更に大きく物語が動いてくれる事に期待。

既刊感想:II