ぜふぁがるど

[著者:柴村仁/イラスト:ふゆの春秋メディアワークス 電撃文庫]★★

ぜふぁがるど (電撃文庫)

ぜふぁがるど (電撃文庫)

 とりあえず……メイが宙の事を「ちゅう」と呼ぶ度に
キスをねだってる様に見えて仕方がない自分の頭をどう
にかすべきだと思った。いやぁ、元々眼鏡っ娘には興味
薄なんで「そんなに惹かれないかなー」って油断してた
ら、何と才色兼備な“守ってあげたい”オーラを放つ幼
馴染みさんだったよ! もう幼馴染みと知って一瞬で惹
かれてしまった。「ちゅう」と聞く度にバカな妄想が頭
を過ぎるのは多分そのせい(って事にしておく)。
 変身ヒーローアクションもの。最初イロモノかと思っ
てて、まあ実際そんな感じの内容だったんだけど、“正
体を隠した主人公が陰ながらヒロインを守る為に戦う”
って部分に関しては凄く王道を貫いて走ってるなぁとい
う印象だった。普段やる気なしで投げ槍気味な宙も、メ
イが害さそうな時だけは本気出して見せてくれてるし。
 今回は丸々プロローグ。シリーズの導入部分にこれだ
けの分量を用いているから、世界観、キャラクター、各
種設定の把握はバッチリ。ただ、物語は全然始まってな
いので盛り上がって来るのは次巻以降か。宙とネプとの
漫才染みた対話が主で、メイとの絡みがちと物足りなか
ったから、その辺次で増量してくれたら嬉しい。