000のエレナ2

[著者:日下弘文/イラスト:克優希/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★


 ……果たして涼牙は気付いてんだろうか? エレナを
“ガキンチョ”呼ばわりしている限り、自ら「俺様はロ
リコンだぜぐへへ」と主張している事に(気付いてない、
ってか自覚は無いだろな)。或いは、名前を呼ぶ事に特
別な意味を持たせる為、あえてエレナとは呼ばずにガキ
ンチョと呼んでるんだろか? ……なんて事をぼけーっ
と考えてた。あんましエレナは気にしてないみたいだけ
ど、いい加減名前で呼んでやりゃいいのになー。
 新キャラ登場で、その新キャラ同士(しかも“聖数を
刻まれし者”同士)でラブコメとか。割と緊張感が台無
し。でもまあそういうの好きだけど。聖櫃(アークス)
としてのエレナの出生みたいなものが明かされ、ラスボ
スが定まり、ストーリーも盛り上がりを見せてくれてま
ずまずな手応え。じゃあ聖櫃の力を使って何が出来て何
が起こる? って部分と、ディーノが指摘した明日香の
“隠し事”ってのは何なのか? が特に気になる所。

既刊感想: