黄昏色の詠使いIV 踊る世界、イヴの調律

[著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 前巻までは、まだ『名詠式』の本質を紐解く鍵が明
確に出揃っておらず、重要かな? と思わせるヒント
っぽいのばかりが次々投入された為にもやもや。対し
て今回は、核心に迫れるだけの鍵が一挙に流れ込んで
来たお陰で、頭の中で整理つけるのが意外にも大変だ
ったよ〜。ただ、溜まってた欲求不満は粗方解消。
 一部もやもや〜っとしたのは未だに残ってるんだけ
ど、組み立てるのに必要なピースはほぼ今回で出揃っ
ただろうし、完成図も既に出来上がっていると思うの
で、あと重要なのは出来上がるまでの過程。
 どういう風に埋め込んで行くのかは分からないので、
今の所は完成形も未知の世界。気になる要素色々が全
部解かれた時、ネイトと夜色名詠は? クルーエルと
彼女の中のもうひとつの存在は? そして二人の関係
は? 一体どうなってるだろう? 何であっても、や
っぱり最後に微笑み合っていて欲しいな、と。

既刊感想:IIIIII