空ろの箱と零のマリア

[著者:御影瑛路/イラスト:415/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★★

空ろの箱と零のマリア (電撃文庫)

空ろの箱と零のマリア (電撃文庫)

 最初の方で物語の設定というのか性質というのか、
そういうのをしっかり掴むまで少々梃子摺ってしま
ったのだけど、把握してから――大体彩矢が一輝へ
の認識の過ちに気付かされた辺りから、もう最後の
最後までずーっと引き込まれっ放しだった。
 で、最後まで辿ったら、とにかく見落としていた
仕掛けを拾いたくて直ぐに再読したくなって、結局
一気に再読してしまったわ〜。とにかく幾重にも貼
られた伏線の仕掛け方と明かし方が絶妙な間で描か
れていて面白かったなぁ(とりわけ“1回目”の挿
入の仕方が凄く良くてねぇ。ちゃんと彩矢の言葉の
真意を理解出来ていたから、感極まって思わず泣き
そうになってしまったよ……)。最後はループの果
てのめぐり逢い。この続きも是非覗いてみたい。