ラプンツェルの翼

[著者:土橋真二郎/イラスト:植田亮アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

ラプンツェルの翼 (電撃文庫)

ラプンツェルの翼 (電撃文庫)

 個々の感情描写をあえて極力抑えつつ、登場人物
達を“駒”に見立てて動かし物語を構築して行くよ
うな、非常にゲーム要素の強い内容。こういう手法
は見せ方として他と一線を画す面白さがあっていい
なぁと思いつつ、内面感情の描き方が淡白に感じら
れたので、その辺をもっと盛り込んでくれたらなぁ
とも思った。一進一退な感触。でも、そういう感情
の淡白さと練り込まれたゲーム要素との組み合わせ
が魅力的な特徴として映る……のかも知れない。
 一冊分でひとつのゲームを楽しめるようきちっと
纏められている所が好感触。ただ、ゲームを終わら
せる事は出来なかったんだよね? 遼一と奈々の関
係がここからどう変わって行くのかが見物だな。