幻想譚グリモアリスIII 誓えその名が朽ちるまで

[著者:海冬レイジ/イラスト:松竜富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 いやー、誓護が何か凄くカッコイイじゃないか。
祈祝が行方不明になったのを知った時、動揺しまく
りでみっともなく取り乱していた姿こそが“誓護ら
しい”とか思ってたんだけど、それはちょっと誓護
に失礼過ぎたなーと考えを改めさせられたよ。
 魔力を無力化するアイギスを所有し、少しずつ使
いこなせるようになって来た事が誓護の“強さ”の
一因ではあるけれど、それが全てではなくて。そこ
にはアコニットを護りたい、という気持ちが大きな
力として作用しているんだと思う。今回の救出劇は
特にその辺が深く描かれていたんじゃないかな。

既刊感想:II
夜想譚グリモアリスIIIII