Babel ―異世界禁呪と緑の少女―

[著者:古宮九時/イラスト:森沢晴行電撃文庫]★★

 異世界で、言葉に込められた力や話術の説得力が
武器になるってのは良いですね。そもそも言葉が通
じなかったらやばかったんじゃない? とか後から
思っちゃいましたが、結果的に雫にとって良い方へ
転がったんだから幸いと受け入れるべきなのかな。
 或いは異世界にとって前例の無い事態であり、唯
一の存在である雫だからこそ言語の壁も通り抜けら
れた、と考える事も出来そうですが。何にしても余
分な苦労を背負わされずに済んでホッとしました。
 雫は最初の方から現実世界へ戻る事を目的と意識
していて、その為に行動を起こしているのだと強く
感じさせられました。ただ、エリクや異世界との関
わり方次第でどう意志が動くかはまだ分かりません。