SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

Babel I 少女は言葉の旅に出る

[著者:古宮九時/イラスト:森沢晴行/電撃の新文芸]★★

幸運だけでは説明の付かない『何か』
 雫が突如異世界へ転移させられ、死を回避して生き延び続けられている事について。彼女に特別な能力的なモノが一切備わっていない事を考えると、『幸運』以外のなにものでもない。エリクと出逢った事から始まり、本当に幸運の連続に救われている……ようにしか見えないんですけどね。含みのある言い方になってしまうのは、今はまだ説明出来ない『何か』が確かに雫の中で見え隠れしているから。

今はまだ本質の一片しか見えていないけれども
 度々「世界の根幹に関わる」、「中心へと導かれて行く事になる」、「その事をまだ知らない……」みたいに物凄く雫の重要性を『匂わせて』来るんですよね~。異世界人である事、それ故にこの世界の『常識』を超越出来る事。この辺りが鍵となって行くのかな。