幼馴染の山吹さん

[著者:道草よもぎ/イラスト:かにビーム/電撃文庫]★★

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

 呪いをかけた何らかの存在に、どんな思惑があっ
たのか。小春が張本人なのかその代理人なのか、ち
ょっとハッキリしませんでしたが、そこに喜一郎と
灯里のよりを戻そうとする意図が感じられました。
 何故かと首捻って考えても結局「よく分からん」
となってしまったので、続刊でもっと深く掘り下げ
られる事になるのかどうか。この終わり方だと解釈
も色々出来そうで状況判断に迷う所なので、二人の
記憶の行方がどうなったのか知りたいですよね。
 まあ傍から見たら幼馴染み同士が失われた親密な
関係を思い出すべくいちゃいちゃしてるだけにしか
見えないんですけどねー。何となくリセットされた
状況で、喜一郎にはもっと自信を持って欲しいな。