ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

[著者:蝸牛くも/イラスト:足立慎吾GA文庫]★★

 ゴブスレさんが『ゴブリンスレイヤー』とあだ名
で呼ばれるに至るまでの前日譚。今現在は仲間達に
囲まれている事が当たり前になっていますが、シリ
ーズ初期の頃ってこんなんだったよなーって懐かし
さを感じたりもしました。ゴブリンの依頼だけを黙
々とこなし、変人扱いで忌避の視線に晒されても気
にも留めない。ここら辺の本質は相変わらずでした
けど、周囲を取り巻く状況以外で違っていたのは、
この時点ではまだ“小鬼殺し”としての経験不足と
未熟さが垣間見れた点でしょうかね。必死な姿はな
かなかお目に掛かれないので貴重なものでした。
 あとは牛飼娘との触れ合い。帰る場所が確かに存
在る喜びと安堵感、ひしひしと伝わって来ました。

既刊感想: