<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 4.フランクリンのゲーム

[著者:海道左近/イラスト:タイキ/HJ文庫]★★★

 マリー、ルーク、レイ対フランクリン勢力の三
連戦。どれもプレイヤーの個性を最大限に際立た
せた戦闘描写で、見応え充分で存分に楽しませて
貰えました。ルークとマリーの存在は、前の外伝
である程度の掘り下げはありましたが、ここに繋
げる為の準備段階って感じだったのかな。とりわ
けルークに関しては、これでまだ“ルーキー”と
かって……格上相手を容易く凌駕している辺り、
まだ成長過程にあると思うと末恐ろしいですね。
 そして最後のレイ対フランクリン戦、個人事情
を徹底的に優先するフランクリンの妄執に恐怖を
覚えつつ、己の持てる力を振り絞って立ち向かっ
たレイの最後の後ろ姿がとても印象的でした。

既刊感想: