魔法使いです。勇者のパーティーを抜けたいです。1

[著者:マルゲリータ/イラスト:甘味みきひろ/オーバーラップ文庫]★★

魔法使いです。勇者のパーティーを抜けたいです。 1 (オーバーラップ文庫)

魔法使いです。勇者のパーティーを抜けたいです。 1 (オーバーラップ文庫)

 主人公の心の中で一人語りがクソうざい。頼む
からもうちょっと落ち着いてくれよ、と何度懇願
した事か(そして全く奴には届かず)。自分で陰
キャラ自称しておきながら、実際には個性が突き
抜けてて良いキャラなんですけどねえ。アベルの
テンション高めの痛い奴感が、あんまり良くない
方向で目立っていた印象で、特に前半は話が進ま
ない上に全然頭に入って来なくて参りました。
 それでもミッシェル先生の指導を受けて、徐々
に真剣さが増すに連れて大分マシになっていたと
は思いましたけどね。元々魔法の実力は高いわけ
で、最初の鬱陶しい陰キャラ印象が結構酷かった
分だけ、嫌悪する相手に対しての本領発揮の場面
では格好良く映っていた……かも知れません。