君死にたもう流星群2

[著者:松山剛/イラスト:珈琲貴族MF文庫J]★★

君死にたもう流星群2 (MF文庫J)

君死にたもう流星群2 (MF文庫J)

 やっぱり大地が一人で未来の事情を背負って過去
を進んで行くには、あまりに苦しくて重い。誰にも
打ち明けられないのも、自分の行動のせいで友人の
進路を変えてしまった事も、大地に辛く圧し掛かっ
てしまう。更には星乃の命を奪った原因である『流
星群』の真実には一向に近付けず苛立ちも募る。
 頑張って足掻いてみても八方塞がりな状況で、手
掛かり掴んで踏み込み過ぎれば命の危機に晒されて
しまう。このままだと、上手く行かずに自身を責め
る大地の精神の方が参ってしまうんじゃないかと。
 でも、これまでの“コスパ”主義からは徐々に変
わり始めていて、涼介の進路を一度目とは違う形で
自力で呼び戻した所はとても印象に残りました。

既刊感想: