SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

異世界でタコ焼き屋はじめたけど、わりと簡単につぶれた

[著者:七色春日/イラスト:キンタ/HJ文庫]★★

 第11回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作。

 何か自分で行動を起こさなければ生き抜いて行け
ない、と切羽詰まって追い込まれた状況が大胆な一
歩を踏み出す切っ掛けになったのかも知れない。現
実世界よりも、異世界の方がそう言った決断を下し
易い、と言うより決断せざるを得ない状況に陥って
しまいがちなのかなあ、と思ったりもしました。要
は高校生の年代で個人起業の道を切り開くって思い
浮かんでもなかなか行動には移せないよね、と。
 その点で、右も左も分からない異世界で既に一度
大成功を収めている平助は、もうその段階で凄いと
思うんですけど、その後落ちぶれてから諦めずに這
い上がろうとしている所が更に凄い。理不尽な仕打
ちを跳ね返す商才と創意工夫は見事なものでした。