SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2

[著者:佐伯さん/イラスト:はねこと/GA文庫]★★

まるで互いの事を何もかも理解し合えているかのような
 最早『恋人同士』な関係とかを既に軽く乗り越えちゃって、まるで夫婦生活を送っているかのよう。物凄く平穏で穏やかな生活の雰囲気は、互いの事を知り尽くした円熟カップルな佇まい。

真昼の好意と向き合わない様にしている所
 でも、こんな空間を真昼と自然に作り上げておきながら、周は「真昼のはそう言った好意感情とかじゃない」って何度も言いやがるんだよ。そりゃね、見せ付けられる側からすれば「はあ?」ってなりますよ。

何事も無くこの平穏が続いてくれたらいい
 あとこの物語で残されている『やるべき事』は、真昼に対しての周の『好意感情』がどのようなものかを確定させる事だけだと思う。ただ、あまりに自己評価が低過ぎで停滞してるんで、真昼の方から気付かせるように接する事が必須なのかも知れない。

既刊感想: