SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

[著者:佐伯さん/イラスト:はねこと/GA文庫]★★★

家での二人と同じように
 学校でも「思う存分いちゃいちゃさせてあげたい!」って思っちゃいます。勘付かれないように、互いに物凄く気を張って行動してる周と真昼を見ていると、どうしてもね。ただ、バレたら確実に興味本位の良くない感情を向けられると思うので、そこを考えると少なくとも学校では現状維持が望ましいのか、とも思ってしまう。悶々とさせられますね。

どこまで行けば現状維持を超えられるのか
 今、周が真昼に想いを告白したとして、断られる事は有り得ない、と言い切ってしまえる。それだけ、二人の想いが成就される未来しか想像出来なくなって来ている。周の『変わる事』への躊躇いと、自身の『過小評価』が歯止めをかけている感じ。何が切っ掛けでもあれば、更に一歩踏み込めるのかなあ。

既刊感想: