SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

それでも、好きだと言えない

[著者:赤月カケヤ/イラスト:へちま/講談社ラノベ文庫]★★★

中盤までは耐える時間

 実は『好きだと言えない』のタイトルが、物語に重要性を与えて来るのは中盤以降で、そこまでが割と精神的にキツい。クラス内カーストみたいなの。悠人の性格も好感を抱き難いし。ただ、レイナの影響力が最も際立つのもその辺りで、後々悠人の心に多大な影響を与える事にもなって行きます。

「好きだ」と言えない『七つの理由』
 が、この物語には散りばめられているそうで。あとがきによると。最初から頭に浮かべて読んでみると、一度辿る事で物語の全ての魅力を掴み取れるかも知れません。ただ、全てを明確に把握出来なくても、ラストシーンまで辿る事で、主人公の悠人が最後まで「好きだ」と言えない『たった一つの理由』には、間違いなく辿り着けると思います。