SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

異世界はジョーカーに微笑んだ。

[著者:赤月カケヤ/イラスト:かかげ/MF文庫J]★★

本人だけが『必要悪』とは欠片も思っていない
 世の中の悪逆非道なクズ共を惨殺する事を趣味としている。ジョーカーの心の底の感情がまだ見えていないので、今の所はそれを事実として受け入れるしかない。まあクズの絶望する姿を見たいが為に、活き活きと楽しんで殺っているのは間違いない。

その関係は主従ではなく相棒のような
 目的達成の為なら、誰が犠牲になっても構わない。躊躇わずに切って見捨てる。ジョーカーの基本はそんな姿勢。ただ、結奈が『本気で救って欲しい』と懇願している相手に対しては、ほぼ犠牲を出さずに救っている気がする。「全く助ける気なんぞない」と冷たくあしらっておきながら、実際には完璧な冷酷無情なわけではない。常に結奈をぞんざいに扱っている風でも、認めている部分はあるのかな。