SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。2

[著者:藍藤唯/イラスト:霜降/富士見ファンタジア文庫]★★

『奸雄』=悪知恵に長けた英雄=王女殿下の『職業』
 「王女殿下の職業能力、恐るべし」。この着地点、この決着を、最初から想定して動いていたのだとしたら、こんな風に賞賛するしかないですよね。

 途中まで、正直話の中で何がどう動いているのか、ハッキリしませんでした。そこから、ライラックの成し遂げようとしていた事が判明した時点で、全てを把握出来るような仕組みで描かれている。鮮やか過ぎる手並で、溜息が漏れるばかりでした。

 『職業至上主義の破壊』、『法国との同盟拒否』を目的として掲げていたライラック。しかし、本人は認めなくとも、真の目的は『コローナの奪還』であったと。そう思いたいし、そうであって欲しい。 

既刊感想: