SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

外れスキルの追放王子、不思議なダンジョンで無限成長2

[著者:ふなず/イラスト:珀石碧/角川スニーカー文庫]

 『恩寵度』とか『踏破点』って一体どんな要素だった? 『スクロール』って何だっけ? アンリの外れスキル『劣化無効』ってどんなものだったっけ? この登場人物って誰だっけ? ……と、終始こんな具合で、固有名詞だけ出して何ら説明もないんで、アンリが今現在一体何をやってるのかすら見失いがちで、かなりの取っ付き難さを感じました。

 続刊ではあるんですが、それでも分かり易く物語の中に盛り込むべきだったのでは? アンリの過去からの流れ、何故今この辺境の場所に居るのか、そしてこの先誰と何を為して行くつもりなのか。あまりに語れれなさ過ぎ、あるいは整理されずに雑然と語られ過ぎで、全然話の内容が入って来ませんでした。

 そもそもダンジョン探索がメインでもなければ、外れスキルを有用した無限成長要素も薄いし。単純明快に『ダンジョンで特殊スキルを駆使して強くなる』で良かったんじゃないかと。その方が、分かり易く把握し易くて楽しめたような気もします。

既刊感想: