ブラック・ブレット2 VS神算鬼謀の狙撃兵

[著者:神崎紫電/イラスト:鵜飼沙樹/電撃文庫]★★★

ブラック・ブレット (2) VS神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)

ブラック・ブレット (2) VS神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)

 強大な外敵から東京エリアと大多数の住民を守る 戦いだった前巻とは対照的に、東京エリア内で個を 護り個対個の戦いを繰り広げたのが今回。蓮太郎が ステージVガストレア『ゾディアック』を倒した事 により、ガストレアの活動が一時沈静化したようで、 今回に限って言えば人外の敵の脅威は皆無でした。  その代わり政治的な問題が絡んで要人暗殺未遂な どが起こったり、上位ランクのイニシエーターに蓮 太郎や近しい人達が命の危機に晒されたり、人間同 士の問題から事件に発展するような内容でしたね。  どちらが蓮太郎にとって面倒臭い扱いなのかは比 較しかねる所ですが、人間の感情が複雑に絡んで来 る分だけ、今回みたいなケースの方が精神的負担が 大きい気がします。肉体的にボロボロなのは、ゾデ ィアック相手でも上位ランクイニシエーター相手で も一緒でしたけどね。序列千番台の蓮太郎が序列百 番以内を相手に、良く死なずに済んだなと思いまし たよ。最後の最後、崖っぷちの所では、力の差以外 の何か特別な力が蓮太郎に味方した感じでした。  死闘を繰り広げたティナの扱いについては、正直 ダメと思ったので本当に「良かった」の一言です。 既刊感想: