やがて恋するヴィヴィ・レイン4

[著者:犬村小六/イラスト:岩崎美奈子ガガガ文庫]★★

 ルカの反乱軍としての存在感と彼に対する期待と
羨望と眼差しが加熱するに連れて、言い知れない不
安が込み上げてくるような、そんな感じでした。
 革命を起こすぞと気持ちに勢いが乗っていて、世
論がルカに味方して後押ししてくれている今は、ま
だ良い流れだと思うんですよ。これが一国の頂点で
国を動かす立場に就いたら、果たしてどうなるか。
 実質ルカの独裁国家だとか不安を助長するような
物言いだったり、ラストに『災厄の魔王』の一言も
添えられていたり。ファニアを手にするために全て
を犠牲にするような、そんな雰囲気が浮かびつつあ
ります。一方でヴィヴィ・レインについても、新し
い情報が出て来て目が離せなくなって来ました。

既刊感想: