いつかのレクイエム case.1 少女陰陽師とサウル王の箱

[著者:嬉野秋彦/イラスト:POKImari/GA文庫]★★

 手堅く纏まっていて面白さも充分。ただ、表に出
せずに伏せられている事があまりに多くて、一体ど
う反応すればいいのやらと戸惑ってしまいました。
 陰陽師の血を継ぐひよりと、西洋魔術(魔女術)
を扱うレイジ。単純に二人の日常や戦闘での掛け合
いだけなら、複雑な事情を意識して取っ払っている
分だけ取っ付き易くて楽しいんですよ。そこに個々
で抱えている事情が絡んだりして来ると、もうちょ
っと開示して欲しかったなあ、となるわけですね。
 正式な依頼としても、気が付けば「一体何を相手
に戦ってたんだ」状態で、相手の自作自演も「何が
したかったんだ」でしたから。続刊は確定している
そうなので、色々気にしつつ続きを待ってみます。