弱キャラ友崎くん Lv.3

[著者:屋久ユウキ/イラスト:フライ/ガガガ文庫]★★★

 巻が進むに連れて、徐々に存在感を増して来てい
た“違和感”が遂に噴出しました。つまり、葵に課
題を与えられ、己の意思の介在を許されず、操作さ
れているかのような友崎。その状況についてです。
 お手本が無ければどうにもならない所から、自力
でどうにかなる所まで引き上げられているのは明白
で、ならば自意識を挟み込む事も何とか可能になっ
ている筈。そんな風に進めば、友崎が葵のやり方に
異を唱える時期が訪れるのではないだろうかと。
 実はそうなって欲しい、と希望していた全くその
通りの展開になってくれて、嬉しくて小躍りしたく
なりました。その後の葵との付き合い方で、自分な
なりの回答を示せたのも成長の証でしょうかね。

既刊感想: