リベリオ・マキナ ―《白檀式》水無月の再起動―

[著者:ミサキナギ/イラスト:れい亜/電撃文庫]★★

 第25回電撃小説大賞『銀賞』受賞作。

 世間一般の常識として、『白檀式』は忌まわしい
災厄の象徴であり、それらオートマタシリーズを開
発した白檀春海は諸悪の根源として認識されてしま
っている。カノンがどれだけの頑張りや努力を積み
重ね、白檀式の波動歯車を用いたオートマタが安全
かつ有用であると訴えかけたとしても、残念ながら
奥深くまで染み付いてしまった常識は到底覆りそう
にないんじゃないかなあ、と言った感じですよね。
 この一件を経て、水無月は自分が“不適合”と言
われた事の意味、そう告げた言葉に込められた晴海
の真意、そしてかつての悲劇・白檀式暴走事故の真
相を知ります。命懸けで手にした真実が、果たして
前を見据えて進むカノンの助力となるのかどうか。