SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

ひきこまり吸血姫の悶々4

[著者:小林湖底/イラスト:りいちゅ/GA文庫]

新たな『縁』を後ろから支える役割
 今回は、他国の事情にコマリ達が巻き込まれた感じ。主役を張るよりも、別の主演(今回の場合はカルラ)を立てる『助演』みたいな役回りの印象でした。コマリ中心の活躍を思うと、「少々食い足りなかった」部分もあったかなあ、と言った具合です。

 そこを抜きにして、カルラの大神継承のエピソードと見れば、非常に見応えのある内容でしたね。裏エピソードの締めで、「成る程そう言う事だったのか」と充分に納得させて貰えたのも良かったですし。

 しかし、コマリは外部での交流が増す度に、確実にひきこもれなくなってますね。この不穏な空気のラストから、更にひきこもりが難しくなりそう。

既刊感想: