SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

君が、仲間を殺した数II ―魔塔に挑む者たちの痕―

[著者:有象利路/イラスト:叶世べんち/電撃文庫]★

 前回は、どんな犠牲も受け入れる覚悟で前だけを見てひたすらに進む者=スカイツのエピソード。今回は、置いて行かれた者=シアが主役のエピソード。

 何を犠牲にしても塔の最上階へ辿りつこうとする覚悟を抱くスカイツに対し、「自分は一体これからどんな道を進むべきなのか?」と。シアが苦悩や葛藤を繰り返しながら、覚悟と決意を示して行く。

 スカイツの事は一旦横に置かれる為、彼自身の話としては物足りなさが残る。ただ、シアの側から描く意味を色々考えさせられる内容で、結果的には収穫も多く、一層物語に深みが増してくれたかなと。

 でも、あとがきによると、ここまでで一旦一区切りらしんですよね。スカイツの物語自体まだやっとここからなので、なんとか続いて欲しいなあ……。

既刊感想: