SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく4

[著者:ふか田さめたろう/イラスト:ふーみ/GA文庫]

 直哉よ、お前は一体どこへ向かっているんだ……。

 と、思わず声が漏れてしまうほど、彼の察しのよさ(チート読心術)が猛威を振るってました。『凄腕恋愛探偵笹原』とか、何なの。いや、凄過ぎて言葉にならないんだけどさ。

 噂から好評に繋がって、直哉の恋愛相談が大盛況だったわけです。ただ、本当の見どころはそこではなく、そんな女子生徒に囲まれる直哉にやきもきする、クーデレ彼女な小雪さんです。
 強がってみせても瞬時に見透かされるので、結局いつも通り、へこまされる小雪が『可愛い』となる。いちゃいちゃぶりも充分に見せ付けてくれて、「安定してるなあ」って感じでしたよね。

 さて、今回は前巻ラストの展開通り、小雪の許嫁とやらが来日しました。まあ、予想通り直哉の“察し能力”にボコボコにやり込められたんですけど。

 ただ、予想と違ってたのは、実はいい奴で“敵ではなかった”事。途中からは、直哉と小雪より、許嫁(仮)のアーサーの恋愛事情の方がメインになってました。
 そのアーサーの事情に、普段通りな直哉と小雪がちょいちょい絡み続けてくれる。この様子も、なかなか見応えがあって面白かったですね。

 ここから、次はどんな展開になるのか。許嫁(仮)の騒動は一件落着だし、直哉と小雪の関係は順調だし。今回登場しなかった、小雪のおじいちゃんが襲来するとか……?

既刊感想: