こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。2

[著者:清水苺/イラスト:シソ/講談社ラノベ文庫]★★★

こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。 2 (講談社ラノベ文庫)

こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。 2 (講談社ラノベ文庫)

 恋愛絡みの相関関係って、こんな複雑にこじれて
ましたっけ? 最初の内はあんまり誰が誰を好きか
と言う部分を意識してませんでしたけど、これ全員
が一方通行の恋愛感情を抱えてるんですよねえ。 
 悠馬、唯、明日香の三角関係が描かれる程度かと
思っていたのですが、そこにメイ、唐沢、遠月まで
絡んだ多角関係での恋愛描写に物凄く心が揺さぶら
れました。恋してる皆が自分の気持ちに悩み迷い葛
藤したりして、誰もが逃げたり避けたりはぐらかし
たりしたい筈なのに、そうはせず直接想いをぶつけ
合ったりしてるんですよ。この辺りの描写が本当に
堪らなかったです。この先続くのかどうか、出来れ
ば悠馬がどちらかを選ぶ所まで見てみたいですね。

既刊感想:

察知されない最強職1

[著者:三上康明/イラスト:八城惺架/ヒーロー文庫]★★

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

 たった一時間の制限時間、しかも唐突に為すべき
事を知らされ選択肢も限られている中で、死後の世
界に飛ばされただけでも戸惑う所なのに、ヒカルの
この行動力、判断力、決断力は凄いですね。序盤か
ら息もつかせぬ展開でとても見応えがありました。
 隠密スキルは勝手に身に付いたわけではなく、素
質があったとしても間違いなくヒカル自身の行動で
掴み取ったものなので、あんまり反則的なイメージ
ではなかったかも。まあ実際にはかなり融通の利く
スキルですが、決して万能ではないですし、そう言
う欠点や弱点なども盛り込まれていたと思います。
 今回は能力値を探るので精一杯。ラヴィアとの関
係からどんな物語が描かれて行くのか楽しみです。

バスカビル家の狗1

[著者:糸宮むぎ/イラスト:シア/オーバーラップノベルス]★★

バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)

バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)

 あぁ、これは重度の無自覚な人だ。自分では何と
も思ってなくても良くも悪くも勝手に周囲に影響を
与えてしまう類の、その癖自分の事は良く分かって
いると思い込んでいるので他人の指摘にも一向にな
びかない。こうして連ねて行くと非常に厄介な人間
なってしまいそうですが、まあ実際ワイスは他人が
扱い難そうな性質を持ってるなあと感じました。
 自己評価が極端に低い(とワイス自身が心の底か
ら思い込んでいるだけ)のを散々見せ付けられて来
た為、いい加減両親か兄クロイスが強制的に気付か
せてくれればいいのに、とか思ったりもしました。
 アメリアとの関係はまだ少々距離があるような印
象で。これから徐々に深まって行くと良いですね。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない6

[著者:恵比須清司/イラスト:ぎん太郎富士見ファンタジア文庫]★★

 いくら涼花が躍起になろうとも、祐と血の繋がっ
た兄妹であるが故の限界はいつか必ず訪れる……と
思ってはいるのですが。そんなの気にしない勢いで
暴走に近い突っ走り方をしていて、ホントに色々と
大丈夫なんだろうか? と気圧される程でした。
 ここまで涼花にお兄ちゃん好き好き大好きな気持
ち溢れ出ていると、祐に対して本当に抱えている本
物の感情ってどんなものだろうか、と考えさせられ
てしまいます。架空創作だったら有りにしてしまえ
るものも、現実ではそんな訳にはいかず、明言して
いませんが万が一異性への恋愛感情だと大問題なわ
けですね。今の所あまり突っ込んで追究されてませ
んが、この問題はいずれ直面する事にもなりそう。

既刊感想:

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦4

[著者:細音啓/イラスト:猫鍋蒼/富士見ファンタジア文庫]★★

 ネビュリス皇庁側の王位継承権争い。伏線ガンガ
ン貼りまくっていて、「それどういう事?」が後々
「そんな事あったっけ?」に変化しないか不安にな
る程度の引っ張りぶり。シスベルだけが気付いてい
る内部の“悪意”、サリンジャーが天帝から受けた
レポートを見ての発言、最後の女王とイリーティア
の会話。どれもこれも思わせぶりで、あまり先延ば
しし過ぎると重要なやり取りすら薄れてしまいそう
なので、あまり間を置かず明かして欲しい所です。
 シスベルが一人抱え込み過ぎで、イスカは己の信
念の為に彼女の嘆願を受け入れない、と言う何とも
スッキリしない雰囲気が漂っていたので、前述の種
明かしも含めて事態の進展と好転を願っています。

既刊感想: