こんな僕が荒川さんに告白ろうなんて、おこがましくてできません。

[著者:清水苺/イラスト:シソ/講談社ラノベ文庫]★★

 ともすれば、善意の押し付けとなってしまいそう
に見える唯の行為。そうならないのは唯自身の立ち
回りの巧さか、或いは本心から分け隔てなく誰にで
も助力を惜しまないという気持ちが相手に伝わって
いて、更にその伝え方に長けているのかどうか。
 悠馬の立場からしたら激しく余計なお世話で、そ
もそも演劇の主役を心底拒否してるのに、くじ引き
運任せな癖に絶対役を変えられないとか意味不明の
理不尽仕様。これが切っ掛けで「スクールカースト
最上位に押し上げてあげる」とか言われたら、たま
ったもんじゃないと思うわけですよ。ただ、それで
も悠馬が受け入れたって事は、心の何処かでは「変
えて欲しい」って願望があったのかも知れません。