GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンI<上>

[著者:川上稔/イラスト:さとやす(TENKY)/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 最低限押さえておくべき基本設定披露とキャラクタ
ー紹介のみで500頁超えとか。初っ端から思いっき
り世界を広げて見せているような感覚なんだけど、実
はまだ本格始動すらしていなかった……という解釈で
上巻は乗り切っておいていいんだろうか? ホライゾ
ン・アリアダストの事が公になり、元信と忠勝の思惑
通りに事が運んで三河がああなった時点で、「やっと
本格始動が来た!」な手応え(もう上巻終わりそうな
頃だよ?)。以降更に極厚な下巻に期待が高まる。
 忘れないでおきたい事――歴史の教科書(攻略本っ
て表現もあったか)通りに沿って、一度壊れた世界を
“やりなおす”。でも、教科書が途切れてしまって行
き止まり。今年が壁際まで追い詰められた、所謂世界
崩壊の『末世』ではないか? その『末世』を回避す
る方策。確証は無いが派手に曝け出された所で、それ
ぞれがどう動く? ……ってな所で。何はともあれト
ーリ頑張れ。オパーイ談義してる場合じゃないぞ!