プシュケの涙

[著者:柴村仁/イラスト:也/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

プシュケの涙 (電撃文庫)

プシュケの涙 (電撃文庫)

 こういう構成だと、最後に自分がどんな気持ちに
なるか読了する前に分かってしまうのに、それでも
書き手側の意図通り誘導させられてしまう。感情的
に表現すると「くそ〜こんのずるいよなぁ〜、でも
巧いよなぁ〜」といった具合か。末路を知ってから
の遡りだから、どうにもならないのも頭では分かっ
ちゃいるんだけど、心では「どうにか何処かで何か
を変える事は出来なかったのか……」と考えてしま
い、遣る瀬無い思いばかり募ってしまったなぁ。
 後半部分は、由良の“拘り”を明確に示す為だけ
に描かれた、かけがえのないエピソードだったのか
も知れない。痛みを伴いつつ、納得の気持ちで深く
胸に染み込ませる事も出来たので良かったなと。