雪蟷螂

[著者:紅玉いづき/イラスト:岩城拓郎/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

雪蟷螂 (電撃文庫)

雪蟷螂 (電撃文庫)

 何時の間にやら《人喰い物語》の《3部作》って
括りになってたらしく。その最後を飾る“人喰い”
エピソード。人外化物の類が出てこない分、これま
での物語に比べると人間対人間に焦点をぐっと絞っ
て描かれていたのがとにかく印象的だった。愛憎の
激情はあれど、そのどれもが触れたら壊れそうな儚
さとか切なさとか、そういうどうしようもなく人間
臭い生々しい魅力が凄く際立っていたかなぁと。
 惜しむらくは、最終的に主人公のアルテシアが蚊
帳の外に追いやられちゃった事か。オウガと添い遂
げるのが己の進むべき道じゃない、と気付けた結果
なのかも知れないけど、出来れば冒頭の回想から彼
女中心の“恋”をメインに広げて欲しかったな。