自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?2

[著者:三河ごーすと/イラスト:ねこめたる/MF文庫J]★★★

 紅蓮が欲した“日常”なんて、やっぱり何処にも
ありませんでした。半ば冗談交じりのような、ごく
ごく軽い気持ちで、普段から「日常を俺にくれ!」
と欲求連呼している風に見えていたんですけどね。
 過去に賭博関連で闇や傷跡を負っているのは何と
なく察せられましたが、ここまでハードモードな展
開とはちと予想外でした。実質メインの勝負に挑ん
だのは可憐でしたけど、だからこそ紅蓮の視点で追
った場合、計り知れない遣り切れなさが圧し掛かっ
て来るような、そんな苦痛と衝撃を受けました。
 「ああ、紅蓮は心底平凡な日常を望んでいたんだ
な」と。即座に生徒会との戦いに突入する模様で、
切望する日常を手にする結末であって欲しいです。

既刊感想: