SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

天才王子の赤字国家再生術2 ~そうだ、売国しよう~

[著者:鳥羽徹/イラスト:ファルまろ/GA文庫]★★

 どこまで腹を探り合い、どこまで相手の裏を読み
合うか。ロウェルミナのようなウェインと拮抗する
能力の持ち主であれば、緊張感を保ちながらの駆け
引きを堪能する事が出来る。そして、実力差が大き
く開いた人物が相手だと、ウェインの圧倒的な能力
が引き立つ結果が見られる。どちらも見応えのある
内容でした。要はウェインの“先読み”がバケモノ
染みているのを見せ付けられた、と言う感じです。
 これだけの知略を見せ付けられると、目下の難題
である国の財政難でさえどうにでも出来そうな気も
するんですけどね。最早「売国してえええええ!」
がウェインの日常的な口癖になっているのも、それ
が本心からなのか“振り”をしているだけなのか。

既刊感想: