SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

隣のキミであたまがいっぱい。2

[著者:城崎/イラスト:みわべさくら/MF文庫J]★★

至近距離な二人は存分に堪能出来たけれども

 那緒の『他人の心の声が聞こえる』『北斗の傍に居る時だけ遮断される』、この特異体質をもっと前面に押し出してくれていいのになあ、って気持ちでした。今回、最初の内はあまりその辺りの描写が無かったんで、「何でこの二人って一緒に居るんだっけ?」とか考えてしまいました(時間空けて続きを読むと忘れてしまうあるある?)。 

那緒の能力の行方
 まあ那緒の能力を消滅させる為に、北斗と二人で試行錯誤しながら向き合う様子も見たかったかなと。それでも、二人の距離の縮め具合には転げ回る程にニヤニヤさせて貰えました。そう言えば、キスしたら云々……って所は結局どうなったでしょうね。そこはまだハッキリしてないので続きあるかな?

既刊感想: