SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

現実でラブコメできないとだれが決めた?2

[著者:初鹿野創/イラスト:椎名くろ/ガガガ文庫]★

耕平が思い描く最終到達点とは
 最終的に、耕平にとっての『ゴール』って、いったいどうなった状況の事を指すのだろうか? と、ふと思ったのは、今回の件で『割とめちゃくちゃ頑張ってやり切った』ような達成感を抱いたから。

 主にクラス単位のまとまりとしては、本当に最良の結末だったと思います。不意打ちにはとことん弱いので、全然耕平の思惑通りには行きせんでしたが、そこを修正しつつ狙い通り到達してみせる。見事な『変態ラブコメ脳』の執念を見せて貰いました。

 次に絡んで来るとすれば、ラストで本音を吐露した芽衣の『本質』の掘り下げか。彼女と彩乃のいわくありげな因縁についてか。あるいは、あまり手を出せていなかった日野春幸先輩の攻略などかな。

既刊感想: