SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える3

[著者:じゃき/イラスト:fame/オーバーラップ文庫]★

『七星』昇格への道
 ノエルは前衛に立つ役割でも立てる器でもなく、本来ならば後方支援の『司令塔』である。……と言う当たり前の事を、つい見失ってしまうような。今回は、文字通り『命を削って』の行為でした。

 能力値が他人より大きく劣るものが、能力以上の大きなモノを手にするには、ここまでやらなけれはならないのか、と。想像以上の覚悟で臨んだ熾烈を極める戦いと、過酷な現実を見せ付けられました。

 でも、ノエルにとってはまだ道の途中。レオンを始め、メンバーの著しい成長は頼もしい所ですが、ノエルの状態がどうにもこうにも……。暗躍する輩も居るようだし、頂点への道は厳しさが続きそう。

既刊感想: