SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ2

[著者:九曜/イラスト:フライ/ファミ通文庫]

その感情は『作り物』か『本心』か
 泪華→多分一番好きな人。紫苑→義姉で学校の先輩。奏多→意味深な因縁? 静流にとっての現状。泪華が『本命』であり、静流が恋愛感情を抱いている(と思われる)唯一の相手、となりつつある。

 自身の感情が分からない『客観視』性質は、なかなか変えられない。でも、以前より『自身の恋愛感情を理解しようとする』姿勢が前向きになっている。静流が自分の性質を偽ることなく泪華に直接告げた事で、大きく前進したのかなって印象でした。

 紫苑や奏多について。今回を見た限りでは、静流の気持を尊重して、彼を巡って泪華と張り合うような事はしないんじゃないかなあ、と思いましたが。今後どんな絡みを見せて来るかは気になる所です。

既刊感想: