異世界拷問姫5

[著者:綾里けいし/イラスト:鵜飼沙樹MF文庫J]★★★

異世界拷問姫5 (MF文庫J)

異世界拷問姫5 (MF文庫J)

 あとがきの「えらいことになっちょる」が誇張で
も何でもなく、物凄い実感を込めて吐かれた一言だ
と言うのを今回最後まで読み終えて理解しました。
 前巻まで物語を追って、「この先は多分こうなる
んじゃね?」って頭に浮かべていたモノを嘲笑うか
のように、更に想像を絶する展開に戦慄しました。
 世界再生か、再生阻止か。様々な思惑が入り混じ
りながらも、根幹はここにあって、双方の勢力が雌
雄を決する構図がハッキリしていた……筈だったん
ですけどね。『肉屋』と『墓守』の本心はそことは
関係なくて、全てはただ“聖女の希望を成就させる”
為だけの超個人的な事情だったと言う訳で。丸投げ
された側はホントにどうすりゃいいんでしょうね。

既刊感想: